-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-23 23:56 | カテゴリ:その他いろいろ
今、テレビをつけたら何処もかしこも大津の自殺してしまった子の話題だらけ。

こんなにイジメが大々的に取り上げられたのは始めてじゃない?

因みに、昔から私のブログを読んでる方は何回かここに書いたから知ってる人もいるかも知れないけど、昔は私もいじめにあいました。

中学生の時は死にたいって思いました。

けど、死ぬ勇気が私は無くて死ねませんでした。
今から思うとそんな勇気無くて良かったんだなって思えるけど当時は生きてても私には良い事は無くて、私は他の人が背負う不幸が全部私に来てるんだって思ってました。

辛かったな~
あの頃は本当に辛かった。

先生に言ってもきっと駄目だ。
とか、親に言ったら迷惑をかけるとか勝手に思い込んでてさ。

けど、お母さんが何か私の様子がおかしいって気づいてくれたから。
だから助かったんやろうね。

誰も気づいてくれんかったらやっぱり自殺とか考えたやろうし。

最近、私が思うのはいじめが話題になった時に学校側が謝罪してるけどあれは正直お門違い。

いじめた子を育てたのは誰?
学校?

違うね、その子の両親、近所の大人やろ。

なら、両親や近所の大人が頭を下げないといけないはず。
なぜ学校?

担任なんて毎年代わるし、まして長くても6年しか居ないのにイジメをする子に学校が育てたとは到底思えない。

いじめられた側の親よ、学校を責めるのは間違ってると思うよ?
いじめが原因で自殺した子の親よ、自殺の原因が全ていじめやと思うなよ。

子供の些細な変化に気づかんかった方も悪い!
完璧にいじめを隠す事は不可能やねん

『いつもより朝の起き方が辛そう』
『最近、あまり話をしない』
『ご飯の食べる量がかわった』
なんでも良い。
子どもは親に迷惑をかけたくないって思ってても心は助けを求めてて、些細な行動や目を見てたらわかるはず!

仕事で忙しい?
それは大人の勝手な言い訳。
子どもの為に働いてる?
それだってそう。
子どもにはお金より、おもちゃより愛情が一番やから。

反抗期で親に対して乱暴な事を言ってても、でも親が大好きやから。

だから親は言い訳をしないで子どもを見て。

だったら子どもの変化に気づくはず。

いじめた側の親もそう。
最初からこんな酷いいじめだったわけじゃない。

きっと、小さないじめをして罪悪感があったからそれを誤魔化す為に更にいじめる。
その繰り返しやと思う。

嘘を誤魔化すのに更に嘘をつくみたいな。

だから、いじめた子の親も早く気づいたらこんな酷いいじめを子どもはしなかったと思う。

『遊んでばかりで家に居ないから』
それは、最初にした時に怒らなかったから。
子どもの時から、真っ直ぐ帰った時に「おかえり」「ただいま」をしてないから。


『言っても聞かないから』

当たり前、親が子供に向き合わないから。
何故?
どうして?
をしないから。

上から目線ではなく、子ども目線にならないから。

最近は子どもをブランドと同じように見てると思う。
考えてみ、友達と勉強とかで競わせて。
勝った側は優越感。
子どもはきっと、あいつより俺の方が上とかって思うんやろう。

人に上も下も無いからそんな下らん勉強如きで競わせるのはあかんよ。

でも、勘違いしてほしくないのが学校は悪く無くて保護者が悪いとは取らないで欲しいです。

基本から見守るのは保護者の務めだけど学校の先生も一翼を担ってるわけで…

だから保護者と学校は協力をしないといけないわけで…

しかし、最近では保護者は金を出せば学校が何もかも責任を持ってくれると、そんな世間の風潮があるから私は駄目だって言うんです。

学校側ももっとオープンにならないとね。
いじめの無い学校なんて今の時代無いんだし。


何だか語りすぎた感があるけど、簡単に言うなら世間の大人にはもっと子ども目線になって考えて欲しいって事。

大人が難しく考えてる事、子どもの世界では些細な事かもしれないしね。
子ども目線になると子どもの事がもっとわかるようになるから、ちょっとした変化に気づいて最悪を防げるようになるし。

先ずは子どもが話しかけてきたら背中越しに聞かないで振り向いてあげてね。
そんな事だけど、子どもにしたら聞いてくれてる、愛されてるってなるんで。

これ、読んで不愉快になった人はごめんなさい。
けど、今の私には間違ってるとは思えないから…

いじめた側に一時期居て、大人になっても後悔が抜けなくて苦しんだし、いじめられて苦しんだ。

どっちも経験したから、ちょっとは子どもの気持ちがわかるんでね。

ではお休みなさい。

iPhoneから送信
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://sanflower01.blog56.fc2.com/tb.php/2628-06a75db7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。